背中ニキビの原因はカビ!顔とは違うってホント?

背中にできるニキビと顔にできるニキビは原因は一緒?

って思っていたら、どうやら背中ニキビと顔のニキビは原因が違うようです。

クリニックのお医者様もネット上で紹介していたりするんですが、背中ニキビの原因はなんと”マラセチア菌”というもので、いわゆるカビのことなんだそうですよ。

背中にカビがついていると思うと、ぞわ~ってしちゃいますが、そんなに心配にならなくてもいいようですよ。

カビといっても、マラセチア菌というのは、もともと人間の皮膚に住み着いている常在細菌の1つで、顔のニキビの原因でもあるアクネ菌と一緒。

どこからともなくカビ菌が飛んできて、体に悪さをする!というものではないんです。

マラセチア菌が背中ニキビを引きおこすメカニズムとは?

マラセチア菌は、体から分泌される皮脂が大好物!

皮脂に導かれて体毛をたどり、毛包内で炎症を引き起こすことでいわゆる背中ニキビを引き起こすわけですね。

背中ニキビって言ってますけど、医学的?にはマラセチア毛包炎っていうみたいです。

 

基本的にこのマラセチア菌毛包炎は、お肌が健康な状態であれば一時的には背中ニキビとして出てきますが、自然と治癒してくるのでそれほど心配する必要はないようです。

ただ、お肌が乾燥したり、敏感肌などバリア機能、ターンオーバーが乱れていたりすると、マラセチア菌が繁殖するなどして自然治癒の状況を作る前に、また炎症を引き起こすという事態になって、背中や肩、デコルテなど赤くブツブツになったりするわけですね。

 

背中ニキビを自分で予防する方法

マラセチア菌などによっておこる背中ニキビを予防法には、いくつかあります。

基本的には、マラセチア菌を増殖させないように殺菌成分の配合されたボディケア商品でお肌を清潔に保つという方法が一番。

他には、古い角質などをしっかり洗い流して、毛穴を詰まらせないようにするうことが大事になります。

毛穴を詰まらせる要因になるのが、お肌の乾燥。インナードライを含め、お肌の潤い不足によってお肌のターンオーバーも乱れます。

お肌のターンオーバーが乱れれば、本来肌の入れかわり周期で綺麗に剥がれ落ちるはずの角質などがお肌にとどまって、それが毛穴を塞ぐことで、マラセチア菌の繁殖につながり、背中ニキビができるというこになります。

なので、お肌を清潔にしつつ、お肌を乾燥させないようにしっかりと保湿ケアすることが大事になってきます。

そのためには、化粧水やクリームももちろんですが、背中など体を洗うものも必要以上に皮脂を奪わないような石けん、ボディーシャンプーを選ぶことが重要です!